院長ブログ

金環日食見られました

世紀の天体ショー、みなさん、ご覧になれましたでしょうか?

私はクリニックのあるモレラ東戸塚2階の「FM戸塚」のスタジオの前、ちょうど駅前広場に面した通路で見ることができました。日食グラスを手に20人くらいの方々でしたでしょうか、中には本格的なカメラと望遠レンズを三脚に立てて狙っている方もいらっしゃいました。

雲の切れ間から見えたり隠れたりともどかしく、日食グラスではうまく見えないのに雲がうまく減光してくれたおかげで肉眼の方がよく見える時間もありました。

短い時間ではありましたが、つかの間の天体ショーを楽しみました。次回は6月6日、太陽面を金星が横切る天体ショーがあるそうですので、日食グラスは捨てずにとっておきましょう。

注意:今回、私のように観察中に日食グラスを思わずはずしてしまった方、多かったと思います。はずしたとたん、強い光が…などという時、しばらく視界の中心に残像が残ります(カメラのフラッシュの後のように)。それが長い時間続く場合、例えば明日になっても症状が消えなければ、日光網膜症という後遺症かもしれません。その場合は目の障害がどの程度なのか詳しい検査が必要になりますので、必ず眼科を受診するようにしてください。

シェアする

ページトップへ