目の治療

近視って悪いことなの?

花粉対策

近視が進むと、「視力が落ちた」「眼が悪くなった」という方がほとんどだと思います。すなわち、とてもネガティブなイメージでとらえられがちですが、実はそうとも限りません。

昔は狩りをして生計を立てていた人間は、獲物をとらえるために遠くが見えなければ困りました。でも今の日常生活でそれほど遠くが見えなければ困る場面は多くありません。むしろ携帯、テレビ、パソコンなど、近くを見ることのほうが圧倒的に多いのです。

近視では、無理せず近くを見ることが出来ます。「老眼にならない」と言われるゆえんです。すなわち、近視になることは人類の歴史の中で「環境に適応してきた」「進化してきた」と考えることも出来ます。ですので、学校の検査で多少「視力が落ち」ても、必ずしも悪い事ばかりではないのです。

視力をよくする方法はあるの?

視力回復

「視力回復トレーニング」や「視力が良くなる本」なるものがありますが、必ずしも効果があるわけではなく、眼科で検査をすればそれが有効かどうかわかります。
視力低下の原因が、目の過度な緊張による「仮性近視」という状態であれば、目薬で改善することもあります。

メガネも楽しんで

眼鏡

生活に不自由をきたすようになると、メガネが必要になりますが、いざメガネとなると、親御さんの中にはかけさせるのを嫌がられる方もいらっしゃるようです。「メガネをかけ始めるとどんどん視力が悪くなる」というのは迷信で、たいていは近視の進行途中にメガネを作るので、そう感じるのです。最近は子供用のおしゃれなデザインのものもたくさん出ていますし、お子様がかけたくなるような素敵なメガネを作ってあげてはいかがでしょうか?近視が強くないうちは、メガネはかけ続ける必要はありません。授業中など不自由するときだけかけるようにすると良いでしょう。初めてのメガネは、必ず眼科で検査を受け、その時発行される処方箋をもとに作りましょう。

視力矯正のコンタクトレンズには年齢制限があります

コンタクトレンズ

夜コンタクトレンズを装用することで視力を矯正する「オルソケラトロジー」は日々成長するお子様には不向きです。お子様の目に対する安全性もまだ明らかではありません。日本眼科学会のガイドラインにも、適応は「20歳以上」と明記されています。繰り返しますが、近視は病気ではありません。心配があだになり、将来のあるお子様の目に過度な負担をかけないよう、適切な対処方法についてはぜひご相談ください。

遠視は要注意です

遠視

反対に、気をつけなければいけないのは遠視です。「私は遠視だから目がいい」のは実は誤解で、目がいい方の場合は正視(せいし)といいます。遠視では遠くはなんとか見える場合もありますが、近くなればなるほど、ぼやけてしか見えません。 幼児期から遠視の状態が続くと、常にものがぼやけた状態でしか見えないため、細かいものを識別する能力、すなわち「視力」が育ちません。それを弱視といい、将来メガネでどんなに調整しても視力は上がらず、二度と回復しないので要注意です。

お子様の将来のためにメガネを

家庭での対策

そうならないために、お子様には少し酷かもしれませんが、毎日朝から晩までトレーニング用の矯正眼鏡をかける必要があります。その後、定期検査を行い、その時々にあった度に調整しながら使います。 お子さんが遠視かどうかを見極めることと、もし遠視だったら眼鏡でトレーニングすることは必須です。その際には特殊な目薬を使った検査が必要ですので、ぜひご相談ください。

ページトップへ