東戸塚の眼科クリニック 片桐眼科
東戸塚駅前 西口より徒歩1分  モレラ東戸塚3F
東戸塚 眼科の診療案内|結膜炎、緑内障、白内障など



斜視、弱視の診療


東戸塚 眼科|斜視、弱視の診療

≪どんな症状≫

●子供の目の位置がおかしい、視線があわない気がする
●検診で斜視と指摘された、眠そうにしていると、目が外にはずれる
●横目で物を見る、頭を傾けて物を見る、片目をつぶる
●絵本やテレビに興味を示さない、絵を描くのが好きではない

≪特徴と治療≫

ものを見るとき、両目が連動して見たい方向を向くことを「両眼視」、2つの目の微妙な差で、ものの大きさや距離を感じることを「立体視」といいます。
「斜視」は、両目がうまく連動できず、片方の目が外れる状態です。
外れる方向により「内斜視」「外斜視」「上斜視」「下斜視」といいます。
両眼視、立体視ができなくなるだけでなく、「弱視」の原因になったり、容姿にも影響してくることがあります。
「斜視」の治療には眼鏡や訓練、手術があり、その原因や時期、程度により適切な治療は異なりますので、検査による正しい診断をつけることが大切です。
医師が必要と判断した場合は、専門の検査が可能な医療機関をご紹介いたします。



片桐眼科クリニックの順番待ち状況を確認する



<< 診療内容 一覧にもどる

診療内容一覧

近視・遠視・乱視の診療 花粉症、アレルギー性結膜炎の診療
ものもらい(霰粒腫・麦粒腫)の診療 結膜炎の診療
飛蚊症の診療 白内障の診療
ドライアイの診療 緑内障の診療
結膜下出血の診療 斜視、弱視の診療

コンタクトレンズの処方について >>



つぶやく


PCサイトを見る


トップ
診療内容
院長挨拶
医院の紹介
交通アクセス・診療日時
順番待ち状況の確認
診察予約・確認
院長ブログ
クリニック情報お知らせメール会員登録
ドメイン指定について
採用情報

お問い合わせ電話番号
045-392-5263

© 2012 片桐眼科クリニック