片桐眼科クリニック

電話をかける

診療内容

片桐眼科クリニック ドライアイの診療

ドライアイの診療

どんな症状?

  • 目がかわく、しょぼしょぼする、ゴロゴロする、目が重い
  • 充血する、コンタクトレンズをすると痛い、目ヤニが出る
  • 目がかすむ、風が目にしみる、涙が出る、涙がにじむ
  • 朝起きた時に目が開きづらい、ゴミが入っている感じがする

特徴と治療

ドライアイは、目の表面を潤すための涙が足りないと起こります。
目の表面の「角膜」が傷つき、痛みやかすみ目、疲れ目に似た症状が起こります。
疲れやストレス、睡眠不足、老化、エアコン、コンタクトやパソコンの長時間使用などが原因といわれています。
口も渇く場合は全身の病気が疑われます。
目が渇くと、反射で涙が余分に出てくるため、正反対の「涙目」になることもあります。
その時の涙はすぐにまた蒸発し、目を潤すのには役立ちません。
市販の目洗い用洗浄剤はドライアイを悪くすることがあります。
治療には、状態に合わせ1~数種類の目薬を使います。
症状が悪い時は、涙の目からの流出路をふさぐ「涙点プラグ」を使う場合もあります。

診療内容一覧に戻る