片桐眼科クリニック

電話をかける

診療内容

片桐眼科クリニック 近視・遠視・乱視の診療

近視・遠視・乱視の診療

どんな症状?

  • 目がかすむ、見づらい、物がダブって見える、目が疲れる
  • 検診で視力低下といわれた、目を細めて見ている、目つきが悪くなった
  • テレビに近づく、授業中黒板が見づらい

特徴と治療

「近視」では、遠くは見づらいですが、無理せず近くを見ることが出来ます。
ある程度以上進み、生活に不自由をきたしたらメガネが必要ですが、まずは必要度を確認する程度のお気持ちで受診してください。 目薬で回復することもあります。
反対に「遠視」では、近くは見えません。遠くは見えますが、目はかなり無理をしています。
子供が遠視かどうかを見極めるには、特殊な目薬を使った検査をします。
幼児期から遠視が続くと、将来メガネをかけても見えない「弱視」になってしまい、 二度と回復しません。 それを防ぐために、早期から眼鏡をかける必要があります。
「乱視」は遠くも近くもぼやけます。メガネやコンタクトが必要になることが多いです。

さらに詳しく「目の治療について」

診療内容一覧に戻る