片桐眼科クリニック

電話をかける

花粉症対策・舌下免疫療法

舌下免疫療法とは
スギ花粉症に困っている方へ

「舌下免疫療法」は、「減感作療法」(アレルゲン免疫療法)の方法のひとつで、花粉に対するアレルギーを獲得してしまった体にスギのエキスを少しずつ吸収させることで、体を花粉に慣れさせて、症状が出ないようにする、
もしくは緩和するという治療法です。

舌下免疫療法のメリット

  • 今までの症状を抑えるだけの治療と違い、アレルギー自体が改善できる
  • 完治しない場合でも、症状が軽くなるので使う薬を減らせる
  • 3年以上治療を続けて一度効果が出ると、薬をやめても持続する
  • 毎日の服用は自宅でできる
  • 痛くない

治療を受けていただくのに必要な条件

  • 間違いなくスギ花粉が原因の花粉症であることが確認された方
  • 毎日忘れずに、スケジュール通り3年間以上服用する意志をお持ちの方
  • 1か月(3年目より2か月)おきに受診し、その都度必要な量の薬の処方を受けること
  • 比較的高頻度に、軽度の副作用(口の中やのどがはれたりかゆくなる、耳のかゆみなど)が出ることがあることや、ごくまれにアナフィラキシーショックという、重篤な副作用が起きる可能性があることもご了承いただける方

治療を受けていただけない方

下記の方は、当院では舌下免疫療法は受けられません。

  • スギ花粉症でも目の症状がない方:当院は眼科ですので、目の症状のない方は治療効果の正確な判定ができませんので、原則としてお断りしております。
  • 気管支ぜんそく、うつ病、悪性腫瘍(がん)、自己免疫疾患のある方
  • 妊娠中の方、授乳中の方
  • 妊娠される可能性のある方(治療途中で妊娠した場合、治療は中断します)
  • ステロイド剤を服用されている方、あるいは皮膚の広範囲に塗布されている方
  • 高血圧や狭心症、心不全に対するお薬(β遮断薬)を服用されている方

いずれも治療効果や安全性、副作用に関連しての規制です。薬に関して不明な方、不安な方は、お薬手帳など服用中の薬の名前がわかるものをご持参いただき、ご相談ください。

治療の注意点

  • 12月中旬から4月いっぱいまで、新規の治療は開始できません:スギ花粉飛散期にはスギ花粉アレルゲン=シダキュアに対する過敏性が高まっている場合が多いため、この期間は開始できないことになっています。
  • 服用前後2時間は激しい運動、アルコール摂取、入浴は避けてください:血液循環が良くなることによって、副作用が強く出るのを防ぐためです。
  • 液体の治療薬(シダトレン)から錠剤の治療薬(シダキュア)に変更になり、年齢制限はなくなりましたので、小児からご高齢者まで治療を受けられるようになりました。

舌下免疫療法の診療の流れ

  1. 1

    1回目受診

    アレルギー症状がスギ花粉症であることを確認いたします。まずは普通にご来院いただき(ご予約は不要ですが、午前は11時30分、午後は6時までの受付です)、受付で舌下免疫療法をご希望される旨をお申し出ください。
    検査を行いスギ花粉症であることを確認できましたら、次回の受診の予約をお取りいたします。

  2. 2

    2回目受診

    予約をお取りになった日時にご来院ください。実際の治療について詳しくご説明し、ご理解いただけたことを確認した上で、治療の同意書にご署名いただきます。治療薬の処方箋をお渡しいたしますので、近隣の薬局でお受け取りになられたら、再度クリニックへお戻りください。診察室で実際に薬剤を服用したあと、副作用が出ないか30分ほどクリニックの待合室で経過を観察いたします。特に目立った副作用が出なければご帰宅いただき、翌日からはご自宅でスケジュール通りに服用していただきます。

  3. 3

    3回目受診以降

    治療薬(シダキュア)は当面の間、1回の処方で2週間分しかお出しできません。そのため、3回目受診以降は、2週間おきに受診していただき、予定通り服用できているか、副作用の出現がないかを確認した上で、次の2週間分のお薬を処方いたします。

治療費用について

舌下免疫療法は健康保険適応となります。
自己負担3割の方で、初回の受診は3,000円程度、2回目以降は毎回1,000円程度の窓口負担がかかります。
薬代は1か月分で2,000円程度です。いずれもあくまでも目安の値段です。

「花粉症と舌下免疫療法」一覧

舌下免疫療法について、体験記、治療中の方へのアンケート、薬の服用方法など様々なブログ記事をご覧ください。

詳細はこちら