東戸塚の眼科クリニック 片桐眼科
東戸塚駅前 西口より徒歩1分  モレラ東戸塚3F
東戸塚 眼科の診療案内|結膜炎、緑内障、白内障など



近視・遠視・乱視の診療


東戸塚 眼科|近視・遠視・乱視の診療

≪どんな症状≫

●目がかすむ、見づらい、物がダブって見える、目が疲れる
●検診で視力低下といわれた、目を細めて見ている、目つきが悪くなった
●テレビに近づく、授業中黒板が見づらい

≪特徴と治療≫

「近視」では、遠くは見づらいですが、無理せず近くを見ることが出来ます。
ある程度以上進み、生活に不自由をきたしたらメガネが必要ですが、まずは必要度を確認する程度のお気持ちで受診してください。 目薬で回復することもあります。
反対に「遠視」では、近くは見えません。遠くは見えますが、目はかなり無理をしています。
子供が遠視かどうかを見極めるには、特殊な目薬を使った検査をします。
幼児期から遠視が続くと、将来メガネをかけても見えない「弱視」になってしまい、 二度と回復しません。 それを防ぐために、早期から眼鏡をかける必要があります。
「乱視」は遠くも近くもぼやけます。メガネやコンタクトが必要になることが多いです。

さらに詳しく「目の治療について」 >>



片桐眼科クリニックの順番待ち状況を確認する



<< 診療内容 一覧にもどる

診療内容一覧

近視・遠視・乱視の診療 花粉症、アレルギー性結膜炎の診療
ものもらい(霰粒腫・麦粒腫)の診療 結膜炎の診療
飛蚊症の診療 白内障の診療
ドライアイの診療 緑内障の診療
結膜下出血の診療 斜視、弱視の診療

コンタクトレンズの処方について >>



つぶやく


PCサイトを見る


トップ
診療内容
院長挨拶
医院の紹介
交通アクセス・診療日時
順番待ち状況の確認
診察予約・確認
院長ブログ
クリニック情報お知らせメール会員登録
ドメイン指定について
採用情報

お問い合わせ電話番号
045-392-5263

© 2012 片桐眼科クリニック